阿賀野市

10/21投開票・県知事選と阿賀野市議選

Posted by hsaitoh on 10月 10, 2012
活動報告 / No Comments

新潟3区の関係する選挙としては、県知事選と阿賀野市議選とが予定されています(いずれも10/21投開票)。

これらに関する当支部としての活動状況は選挙期間終了後にまた報告します。どちらの選挙も投票率が上がり、民意がより反映されることを祈ります。

なお画像は知事選に関する活動状況の一例です。自民党豊栄支部における、県知事選の法定ポスター貼りや、街宣活動についての役員打ち合わせの様子です。三林筆頭顧問(元県議)、青柳支部長(県議)、金子副支部長(新潟市議)を中心に、役割分担や街宣場所について討議しました。

 

 

Tags: , , ,

片山さつき参院議員街宣(新潟→水原→豊栄)

Posted by hsaitoh on 9月 22, 2012
活動報告 / No Comments

石井県議30周年式典に先立ち、片山さつき参議院議員に同行して新潟駅前、阿賀野市水原、新潟市北区豊栄の3か所で街宣活動を行いました。

あいにくの雨となりましたが、新潟駅前では、中原八一参議院議員に、豊栄では地元選出の青柳正司県議に合流していただき、街頭演説を行いました。

片山先生には、ルーツが新潟県糸魚川ということもあり、従来から精力的に新潟県の応援団をしていただいています。このたびの演説でも、メタンハイドレードをはじめとする日本海側のエネルギー開発の重要性などについて訴えていただきました。

豊栄での演説では、小さいお子さんも飛び入り参加してくれました(画像2枚目)。皆さん、雨の中長時間耳を傾けて下さり、本当にありがとうございました。

Tags: , , ,

石井県議、帆苅県議、岩村県議の県政報告・後援会総会

Posted by hsaitoh on 2月 12, 2012
活動報告 / No Comments

10日(金)、11日(祝日・建国記念の日)と2日間にわたり、石井 修 県議会議員(新発田市・聖籠町選挙区選出、8期)、帆苅 謙治 県議会議員(阿賀野市、6期)、岩村 良一 県議会議員(新発田市・聖籠町、4期)の地区別あるいは全体の県政報告会・後援会総会にお招きをいただきました。

多くの国会議員、県議会議員、県、市町、各団体関係者ともに、ご挨拶をしてまいりました。

各県議会議員からは、県議会での活動状況、県事業等の進捗状況のほか、震災からの復旧復興、国政への意見・批判などが報告され、また県・市町関係者からは、それぞれの政策課題と対応状況についてお話がありました。

各県議とも、議会・自民党新潟県連の要職に就かれ、これまでの県政への貢献もさることながら、今後のさらなる活躍を期待する声が大であり、どの会も大変な盛況でした。

私からは、

(1)この1、2年がわが国の将来を決める分岐点となること,(2)景気回復、少子高齢化、財政赤字、外交・防衛など山積する国政課題について、優先順位付けを行うべきこと、(3)阿賀北・五泉地域にあっては、主要産業である農林水産業、建設業、観光業の振興をはかる必要があること、(4)以上の実現のために、三区自民党、特に国会議員、県議会議員、市町村議会議員のますますの結束と連携が必要があること、(5)そのために各県議会議員はじめ自民党の活動に今後いっそうのご支援を賜りたいこと

などを述べ、あいさつとさせていただきました。

(関連サイト)

石井 修   県議会議員:http://www.ishiiosamu.jp/ http://www.pref.niigata.lg.jp/gijichosa/1200416448577.html 

帆苅 謙治 県議会議員:http://hokaken.jp/ http://www.pref.niigata.lg.jp/gijichosa/1200416448054.html

岩村 良一 県議会議員:http://www.pref.niigata.lg.jp/gijichosa/1200416445093.html

Tags: , , ,

田んぼで食事をする白鳥(新発田市加治川地区)

Posted by hsaitoh on 12月 30, 2011
活動報告 / 1 Comment

 

 

 

 

 

 

 

 

新発田市加治川地区の、稲刈りが終わった後の田んぼで食事をする白鳥です。 

地元の人には珍しくないと思いますが、白鳥が水辺を離れて食事をしている光景は、都会の人はあまり見たことがないのではないでしょうか。

白鳥といえば阿賀野市水原の瓢湖が有名です。この群れも瓢湖から飛来したものかも知れません。

白鳥は草食ですので、田んぼでは、落穂のほか、稲の切り株なども食べるそうです。彼らにとって、田んぼが既に環境の一部であることが知れます。

Tags: , ,