選挙

【書籍より】塩野七生『ローマから日本が見える』

Posted by hsaitoh on 7月 13, 2013
活動報告 / No Comments

【書籍】ローマから日本が見える

機に直面したときに私たちは、ともすれば旧来の体制を『悪しきもの』『否定されるべきもの』として考えてしまいがちです。ゆえに古くからのシステムを破壊することが改革につながると思うようになるのですが、はたしてそうなのか。

参議院選挙のさなか、21日の投開票日に向けて、各党が「改革」への取り組みを有権者の皆様に訴えています。もちろんわが自民党も例外ではありません。

そこで思い出しますのが、冒頭に引用した、塩野七生氏が『ローマから日本が見える』で問いかけた問題意識です。古くからのシステムを破壊することが『改革』なのかと問われれば、私もやはり、いいえ、と答えます。

塩野氏は同書中でこうも述べられています。

ともすれば改革とは、古きを否定し、新しきを打ち立てることだと思われがちですが、けっしてそうではない。

成功した改革とは、自分たちの現在の姿を見つめ直し、その中で有効なものを取り出していき、それが最大限の効果を上げるよう再構築していく作業なのではないか。

この考え方には、私だけでなく、多くの有権者の皆様が同意されるのではないかと思います。

改革とは、破壊ではありません。わが国の現状を見つめ直し、その中で有効なものと、時代の変化によって機能不全に陥っているものとを選り分け、現在有効なものが最大限の効果を上げるよう再構築していく、その作業こそが、わが国に必要な『改革』と考えます。その営みは、華々しいものでも一過性のものでもなく、地道な、たゆまぬ努力と、理性的な判断とによって積み上げていくべきものです。

歴史上、幾多の危機を乗り越えてきたときと同様に、現在のわが国には、地道でたゆまぬ努力と、理性的な判断力によって裏打ちされた真の改革が必要です。この参議院選挙でも、その改革に参画する能力が「より」高いと考えられる候補者、そして政党はどこかという観点から、ぜひ比較検討していただきたいと思います。

Tags: , ,

出発点(第46回衆議院議員選挙)

Posted by hsaitoh on 12月 21, 2012
活動報告 / No Comments

去る平成24年12月16日に、第46回衆議院議員選挙が行われました。

私、斎藤ひろあきは新潟3区から立候補し、92,280票をいただいて当選しました。

次点候補者との差は16,145票足らずでした。

政権与党への大逆風下での選挙であったことを考えれば、私が全面的な支持を受けたとまでは言えない差に過ぎません。

このことを自覚し、謙虚に、しかし熱意をもって公務に精励して参ります。

(なお画像の後ろに掲示してある「祝大勝」は縁起ものであり、文言はご容赦下さい。)

首班指名を行う特別国会は12月26日(水)~28日(金)に開催されます。この辛勝の第46回衆議院議員選挙を出発点に、ふるさとのため、そして日本のため、全力で頑張って参ります。

 

Tags: