胎内市

羽越新幹線??

Posted by hsaitoh on 1月 12, 2016
活動報告 / No Comments

2020年東京オリンピックに向けて。国内交通網の整備が話題になっています。これと関連して、羽越本線・白新線(以下「羽越線」といいます。)について、新幹線化をめざすべきか?という議論があります。

私の意見は「羽越線は新幹線化ではなく在来線のままで、ソフト・ハード両面での整備を進め、安定化・高速化を進めるべき」というというものです。

その理由の第1は、新幹線化したあと、並行在来線となった羽越線の維持の負担に、沿線自治体が耐えられないということです。というのは、JRは並行在来線は民営化(含第三セクター)を原則としていますので、長距離旅客というドル箱を新幹線に奪われたあとの並行在来線の維持に、新潟市や新発田市や胎内市や村上市は、相当の財政負担をしなければならなくなり、現実的ではありません。

第2に、フル規格の新幹線にするなら、羽越線のレール間隔を現在の狭軌から広軌に変えなければならず、そうとなると、現在日本海側を通過している大量の鉄道貨物を運ぶことが困難になります。これはわが国全体にとっての損失になります。

第3に、それだけの財政負担を求めることが現実的かという問題があります。ミニ新幹線化なら費用は圧縮されますが、ミニ新幹線は在来線を基本的にそのまま使用するので、大幅な速度向上は望めず、効果は大きくありません。例えば新潟・新発田間で5分短縮、新潟・村上間でも10分程度の短縮にすぎず、村上以北も線形が悪かったり、単線が多いので、大幅な時間短縮や安定運行化は望めません。

以上の理由から、現在私は羽越新幹線建設促進活動には賛成しておりませんし、今後ミニ新幹線や、フリーゲージトレインなどの分野で大幅な技術革新が起きるまでは、むしろそのエネルギーを羽越線安定化・高速化に費やすべきと主張しております。

ただし、国民の利便向上と経済発展に資する新幹線の新潟空港延伸(ガーラ湯沢駅方式)は、前向きに取り組むべきだと思います。

ご意見、お待ちしております。

Tags: , , , , ,

自民党胎内支部総会

Posted by hsaitoh on 3月 25, 2012
活動報告 / No Comments

ロイヤル胎内パークホテルで開催された自民党胎内支部総会に出席して参りました。

総会には、馬場肝作支部長、冨樫一成幹事長(県議会議員)はじめ支部役員、多くの党員が参加し、大変な盛会となりました(総会に出席する党員を乗せて同ホテルに向かうバスと何回もすれ違ったので驚いた、と後で市内在住の同級生に言われました。)。

週末の開催であったこともあり、来年夏に改選を迎える塚田一郎参議院議員(新潟県選挙区)、佐藤信秋参議院議員(全国区)、そして昨年夏に当選した中原八一参議院議員(新潟県選挙区)も本人が出席し、それぞれに挨拶を致しました。

私からは、特に災害対策や農業政策について見解を述べるとともに、党勢拡大、そして次期衆議院選挙に向けて全力で頑張ることをお誓いして、挨拶とさせていただきました。

会合には私が勧誘して入党していただいた方も出席をされていて、よくお礼を申し上げておきました。

また、何度か活動報告でも述べておりますとおり、胎内市には親戚が多くおり、何名かは従前からの、そしてまた何名かは私とのご縁で新たに党員になってもらっていて、親戚のいるテーブルでは、周りから冷やかされたり励まされたりしました。

そのほかにも、仕事の関係や私の両親との付き合いのなかで、私を小さいころからよく知っている方も多く、そうした方たちの前で自分なりのビジョン、政策論を話すというのは、照れくさくも晴れがましくもあり、手に汗をかきました。

深刻な地方の経済状況や農業再生をどうするか、消費税増税により地場の企業が被る悪影響などについても大勢で意見交換をするなど、有意義な会となりました。

農業経営の規模拡大と収益性向上の方策、増税分の消費者や元請け企業への転嫁の困難さなどについて、特に若手同士で、色々議論をさせていただきました。

会終了後、別の会合に移動するまでの間、とある地区の党員グループの二次会に混ぜていただきました。この会でも、皆様からいただく期待の大きさと、責任の重さを改めて実感し、身の引き締まる思いがしました。

Tags: ,

冨樫県議(胎内市)の県政報告会・後援会幹事会

Posted by hsaitoh on 3月 14, 2012
活動報告 / No Comments

冨樫県議(胎内市選出)の築地地区の県政報告会・後援会幹事会に出席して参りました。

冨樫県議から、県政報告として、県議会における予算や条例の審議状況のほか、今後取り組んでいく分野などについて説明がありました。

冨樫県議は、現在当選2期目の、若く(41歳)、気鋭の県議会議員です。そのためか、会場にも若者や女性の姿も多くみられました。

県議会では総務文教委員会の副委員長と、総合交通・防災対策特別委員会の委員を務め、そろそろ委員長の声もかかろうかという冨樫県議への期待の声が、多くの来場者から聞かれました。

私からも、3区の将来のための取組や自民党胎内支部・冨樫県議との連携の状況などについて報告し、ご理解ご支援たまわりたい旨を申し上げてまいりました。

冨樫一成県議ホームページ>http://togashikazunari.jp/profile.html

Tags: ,

自民党胎内支部役員会

Posted by hsaitoh on 2月 05, 2012
活動報告 / No Comments

自民党胎内支部の役員会に出席し、挨拶して参りました。

胎内支部は、旧中条町と旧黒川村とで分かれていた支部を、両町村の合併に合わせて統合して発足したものです。

胎内市は、私が中条高校の卒業生であり同窓生が多く、また、祖母が旧乙村(きのとむら。合併により旧中条町に。)生まれであるなど、親類縁者が大勢いるという事情もあり、多くの方に応援していただいています。

さて、胎内市は、工業団地に大手企業が進出しているものの、従事労働人口でみれば建設業と農林水産業が主要産業であり、中山間地域は少子高齢化による担い手不足に直面しているなど、新潟県第三選挙区、ひいては日本の地方の縮図であると思っています。

この役員会の結果を踏まえ、今後胎内市の各地区で役員会、総会など順次開催されます。これらの場で意見交換や討議を重ねることによって、同市、そして三区・地方における政策課題及びそれに対する短期長期の対策を樹てていきたいと思います。

Tags: ,

胎内84町

Posted by hsaitoh on 2月 04, 2012
活動報告 / No Comments

胎内84町、とは何のことかお分かりになるでしょうか。

貴志祐介(ミステリ・ホラー作家)が1000年後の未来を舞台に描いたSF、『新世界より』に登場する、荒廃した日本列島に残った数少ない都市の一つの名称です。

関東地方にあるとされる主人公たちが住む街からの距離感などから、この「胎内84町」が、胎内市のことをさしていることは明らかです。

胎内、という名称は、神秘性や生命感を連想させる趣のあるもので、それゆえ独特の雰囲気を醸し出すために上記作品に登場させるに相応しい、という作者の判断が伺われます。

さて、その胎内はリゾート地として県内外から多くの集客がありますが、冬はスキー、夏はビヤガーデンなどをお奨めしたいと思います。

特に低温が続く今季は、恐ろしい雪害が起きている反面、スキー場は良質かつ多量の雪に恵まれており、スキー場の利用客は前年に比べて2割以上増えています。

また、胎内高原リゾートの中心施設であるロイヤル胎内パークホテルは、設備といい立地といい建築といい素晴らしいもので、まだお越しでない方はぜひ、一度お出かけいただきたいと思います。

ロイヤル胎内パークホテル>http://www.royal-tainai.jp/

Tags: ,