村上市

羽越新幹線??

Posted by hsaitoh on 1月 12, 2016
活動報告 / No Comments

2020年東京オリンピックに向けて。国内交通網の整備が話題になっています。これと関連して、羽越本線・白新線(以下「羽越線」といいます。)について、新幹線化をめざすべきか?という議論があります。

私の意見は「羽越線は新幹線化ではなく在来線のままで、ソフト・ハード両面での整備を進め、安定化・高速化を進めるべき」というというものです。

その理由の第1は、新幹線化したあと、並行在来線となった羽越線の維持の負担に、沿線自治体が耐えられないということです。というのは、JRは並行在来線は民営化(含第三セクター)を原則としていますので、長距離旅客というドル箱を新幹線に奪われたあとの並行在来線の維持に、新潟市や新発田市や胎内市や村上市は、相当の財政負担をしなければならなくなり、現実的ではありません。

第2に、フル規格の新幹線にするなら、羽越線のレール間隔を現在の狭軌から広軌に変えなければならず、そうとなると、現在日本海側を通過している大量の鉄道貨物を運ぶことが困難になります。これはわが国全体にとっての損失になります。

第3に、それだけの財政負担を求めることが現実的かという問題があります。ミニ新幹線化なら費用は圧縮されますが、ミニ新幹線は在来線を基本的にそのまま使用するので、大幅な速度向上は望めず、効果は大きくありません。例えば新潟・新発田間で5分短縮、新潟・村上間でも10分程度の短縮にすぎず、村上以北も線形が悪かったり、単線が多いので、大幅な時間短縮や安定運行化は望めません。

以上の理由から、現在私は羽越新幹線建設促進活動には賛成しておりませんし、今後ミニ新幹線や、フリーゲージトレインなどの分野で大幅な技術革新が起きるまでは、むしろそのエネルギーを羽越線安定化・高速化に費やすべきと主張しております。

ただし、国民の利便向上と経済発展に資する新幹線の新潟空港延伸(ガーラ湯沢駅方式)は、前向きに取り組むべきだと思います。

ご意見、お待ちしております。

Tags: , , , , ,

祭りとまつりごと

Posted by hsaitoh on 4月 16, 2012
活動報告 / No Comments

4月15日は、春の平林(私の地元です。)の祭り(保呂羽大権現祭)と村上市長選挙・市議会議員選挙の投開票日が重なりました。

平林の祭りは上杉景勝公のころの平林城城主、色部長真公が仙北一揆(太閤検地に反対して起きた現在の山形県の一揆)を鎮圧するために遠征したおり、現地の保呂羽大権現を勧請して平林に神社を開き、一族の菩提寺、千眼寺の守護神としたことを記念したもので、例年4月15日に行われています。

…という歴史的経緯のうんちくならいくらでも語れるのですが、ずっと東京に出ていたものですから、神輿担ぎはいたって下手くそで、先輩後輩・同級生にフォローしてもらって、どうにか担ぐことができました。この場を借りてお礼を申し上げます。

担ぎ手は、平林集落の若手だけでは足りませんので、近くは村上市村上地区、同荒川地区、胎内市、遠くは新潟、上越、山形県米沢、群馬県沼田に至るまで、各地の神輿会の皆さんに応援に来ていただきました。ありがとうございました。

こうした祭礼を通じた交流は貴重な機会であり、また昔、人の移動が現在よりも困難だったころから、人の交流は祭礼の重要な役割であったろうと思います。応援に来ていただいた方々とも話して、各地区の祭りにも招いていただけることになりました。ありがとうございます。楽しみにしております。

 

 

 

 

 

祭りのあとは、祭り装束のままで、大差で2期目の当選を決めた大滝平正市長の村上事務所で万歳三唱に参加して参りました。

各地区各地区で、伝統の担い手である若手に、地域のために働く余力、とくに経済的基盤が確保されるような政治の実現を私は目指したいと思いますし、大滝市長にもぜひそのような市政を実現していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

(こども神輿の担ぎ手である、小学校1年生から6年生までの子どもたち。我々のころから比べると、集落の小学生の総数は3分の1くらいに減っていますが、神輿だけでなく、地元や日本の担い手になっていく子どもたちですので、健康で勉強も遊びも頑張って欲しいと思います。)

Tags: , ,

祭りの準備と遅い春

Posted by hsaitoh on 4月 08, 2012
活動報告 / No Comments

 

 

 

 

 

私の地元、旧神林村(現村上市)平林集落の春のお祭りの準備作業に参加して来ました。

(上京以来10年以上のブランクがあるので、あまり役に立ちませんでしたが・・・)

ところで東京では桜が満開だそうですが、当地では朝になるとうっすら積もっている日が続いています(画像2枚目)。

関川村では農家の融雪剤購入への助成措置を決定しました。

春の訪れが遅いことによる、田植え・種まき等の農作業への悪影響が少ないことを祈ります。

 

Tags: , , ,

となりの白鳥

Posted by hsaitoh on 3月 13, 2012
活動報告 / No Comments

白鳥が2羽、村上市(旧神林村)平林の自宅となりの田んぼに来ました。

雪が溶けたので、北帰行の前の栄養補給でしょうか。

つがいだと思うのですが、近寄っても全然逃げません。

娘が近寄ったらさすがに首を上げて警戒していましたが(2枚目)、

飛び立つことはなく、半日ほどもゆうゆうと食事をして行きました。

 

 

Tags: ,

震災から1年(交通網維持の論点)

Posted by hsaitoh on 3月 12, 2012
活動報告 / No Comments

東日本大震災発災から1年が経過しました。

震災で亡くなった方のご冥福と、一刻も早い行方不明者の発見と、被災地の生活の早期再建を祈念します。

(発災時間である午後二時過ぎには村上市におり、私も同行者と黙とうに参加させていただきました。)

挨拶周りの帰路、思い立ってJR越後早川駅(村上市内)から列車(村上駅以北は電車は走っていないため電車とは言いません。「汽車」という人もいます。)に乗りましたところ、画像の風景に行き当たりました。

この画像をご覧いただくと、違和感を感じられることと思います。

その違和感の原因は、真ん中のホーム右側にもう一本線路があるべきところを、それが剥がされているため、空間が間延びして見えることにあります。

このように線路を剥がす理由は、民営化後のJRの経営合理化のためです。

つまり、国鉄時代は、羽越本線(新津~秋田)は日本海側の物流を支える大幹線であり、かつ安全対策などにも余裕をもって投資を行っていたため、越後早川駅でも列車の行き違いができるように線路を3本敷いていました。

駅に線路が3本あれば、上下線の列車を同時に停車させ、優先順位の高い、より重要な列車を通過させることが可能になります。つまり駅に線路が3本ある状態が、有事に柔軟に対応できる最小限の体制ということになります。

それが、保守点検費用などの観点からは、いつあるか分からないダイヤの乱れや有事対応のために3本目の線路を維持しておくのは「非効率」であるため、民営化後この「三本目の線路」を撤去する「合理化」が進められました。

もちろんこの「合理化」を一概に否定することはできません。JRは国も株主として資本参加しているとはいえ、基本的には民営企業ですから、コストカットを行うことは必要であり、かつそのコストカットこそが、国鉄を民営化した大きな理由でした。

しかし一方で、阪神・淡路大震災が起きた当時、太平洋側の山陽本線が通行不能になったため、日本海側の山陽本線などのう回路に貨物列車を回したところ、上の越後早川駅と同様に「三本目の線路」を剥がした駅が多かったため、臨時ダイヤを思うように組めず混乱を来したという事例もあります。

羽越本線という日本海縦貫の幹線の駅施設にも、ある程度有事に備えた柔軟性を持たせられるだけの投資をJRに行わせることができるよう、国土交通省、内閣府などが連携して、阪神・淡路大震災の教訓に基づく取組を進めるべきです(税制などの面で災害対策のための投資にインセンティブを持たせるなど。)。

さて、改めて画像を見ていただくと、左手の線路を貨物列車が通過しています。

村上駅以北は旅客扱いの面ではローカル線の扱いで、1日10往復程度が走っているにすぎません。

しかし、北海道・青森方面から関西方面へは羽越本線経由が最短ルートであり、旅客列車を上回る本数の貨物列車が毎日通過していきます。また、東日本大震災で東北ルートが遮断されたときは、相当な量の物資が運ばれました。

物流の面では、羽越本線は今なお日本縦貫線の大動脈です。

都会の大幹線と同様の投資を行うことは無理としても、災害など有事に備えたある程度の投資を継続して行うことが必要と考えます。

Tags: , ,