外交・防衛

【お答えします】外国人参政権について

Posted by hsaitoh on 10月 30, 2012
活動報告 / 1 Comment

外国人参政権について斎藤候補が どのようなお考えをお持ちなのか、ホームページ上に明記していただけますでしょうか?次期衆院選では、そこを一番の判断材料とするつもりなので、お考えをお聞きしたいと思います。

お問い合わせフォームより、上記のお問い合わせをいただきましたので、お答えします。

まず結論は、私は外国人参政権は、国政選挙はもちろん、地方選挙についても認めるべきではないと思っています。

以下にその理由を述べます。

まず憲法上は、第15条第1項に「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。 」とはっきり定めています。これを受けて、公職選挙法は、9条1項で国政参政権が日本国民にあることを、同条2項で地方参政権が日本国民にあることを規定しています。

このうち国政参政権を日本国民のみに限定すべきことは、ほぼ争いがありません。国民主権原理のもと、わが国憲法は日本国の主権者にして最終的な意思決定権を有する日本国民のみに国政参政権を与えたと解されるからです。

では地方参政権についてはどうでしょうか。私は国政と同様にこれを認めるべきではないという立場です。その主な根拠は次の3つです。

まず第1に、憲法15条1項は、特に国家と地方との区別なく公務員選定権を「国民固有の権利」と規定しており、地方についてのみ外国人に参政権を付与することを積極的に認める趣旨とは解されませんなお首長も議員も(特別職の)「公務員」ですので念のため)。

第2に、地方公共団体も国政に対して、直接に相当の影響力を持ちえます。例えば尖閣諸島を地権者から買い上げて公有地にすることの先鞭をつけたのは東京都です。また、橋下徹大阪市長は、地方公共団体の首長という立場のままで現職の国会議員を有する公党の党首として、国政に関する発言や行動を繰り返しています。この直近の2事例のみをみても、地方公共団体が国政に直接に極めて大きな影響を持ちえることは明らかです

第3に、知事や市町村長などの首長や地方議会議員の方々は、選挙運動又は日常の政治活動を通じて、国政選挙の立候補者、ひいては国会議員に大きな影響力を持っていますから、外国人に参政権を付与することは、外国人が間接的にもわが国政に大きな影響力を持つことにつながります

この点、判例は、国民主権原理との関係で外国人、特に定住外国人に対しては、国政への影響が限定的であることなどを理由として、公職選挙法を改正することによって、地方参政権を付与することを憲法が禁止しているものではない、としていますが、国政への影響が限定的では決してないことが、上記第2と第3からも明らかであり、私はこの判例の趣旨は適当でないと考えます

(なお蛇足になりますが、真に日本を愛し、日本をより良くするために政治参加をしたいという外国人の方には、是非日本国籍を正当な手続きを踏んで取得していただき、日本人として、選挙権を行使していただきたいと思います。)

Tags: , , , ,

五泉市・東蒲原郡後援会設立総会

Posted by hsaitoh on 9月 11, 2012
活動報告 / No Comments

 

 

 

 

 

 

 

五泉市・東蒲原郡阿賀町の一市一町における私の政治活動を支援する公式の団体となる、五泉市・東蒲原郡斎藤洋明後援会の設立総会を開催していただきました。

設立発起人代表の澤野修県議をはじめ、公務御多忙のところ、自民党塚田一郎参議院議員、中原八一参議院議員、五泉市伊藤市長、阿賀町神田町長、五泉市議会林議長、阿賀町議会斎藤議長をはじめ多くの皆様にご来賓としてご出席いただきました。ありがとうございました。

私からは、支部長就任後の1年と半年弱の活動で感じたことや考えたことを述べ、地元経済振興・日本経済再生、安全保障の立て直しなど、わが国の待ったなしの課題に全力で取り組むこと、地元経済振興のためには、交通の要衝である五泉市・東蒲原郡の経済振興が欠かせないこと、そのために来る総選挙での議席奪還に全力を上げることをお約束して、挨拶とさせていただきました。

Tags: , , , ,

谷垣総裁街頭演説@新発田

Posted by hsaitoh on 9月 07, 2012
活動報告 / No Comments

自民党谷垣総裁が新発田市に来訪され、応援演説を行いました。

総裁からは、中央の情勢、特に今国会が事実上の閉会に至った経緯に触れました。党利党略でなく、外交・防衛の問題や、特例公債法案の問題など、現政権は国民に信を問うべき課題を抱えていると判断せざるを得ない現状について、説明されました。

また、私への応援演説として、自民党も変わらねばならないこと、その象徴のひとつが、この保守王国・新潟3区から政治とは縁もゆかりもなかった新人を、公募により擁立することを決めたこと、地元の高校出身者を国政に送り出し、主張すべきを主張できるようにすべきだと訴えられました。

私からは、東日本大震災を受け、東北地方と境を接し、新潟東港という日本海側最大の拠点港を有する新潟3区の注目度と重要度はかつてないほど高まっていることや、経済再生、景気回復のため、地方対策が必要であることについて訴えました。

そして、自民党で変ってはならないこととして、引き続き志を同じくする仲間や地元との連携、団結、協調を大事にし、一丸となって仕事に取り組むこと、その実現のために、県議・市議をはじめとする3区自民党は団結して、次の総選挙に当たるべきことをお誓いして、挨拶とさせていただきました。

Tags: , , , ,

街頭演説(外交・防衛)

Posted by hsaitoh on 8月 24, 2012
活動報告 / No Comments

自民党青年部の街宣活動の一環で、三区各地で街頭演説を行いました。

街頭演説で特に訴えたのは、わが国の外交・防衛が危機的状況にあるところ、その打開のため、わが国の将来を担う若い力が必要だということです。

なぜなら、外交・防衛とは、先々をにらんで布石を打っていく、数十年、数百年のスパンで取り組むべき営みであると考えるからです。

そして先人の言うとおり、寸土を疎かにする国家は遂には全土を失い、一人を疎かにする国家は全国民を失います。竹島、尖閣諸島、北方領土の領有を盤石のものとし、拉致被害者を一刻も早く救出することが必要です。

このことについては、街頭演説を聞いていただいた年配の方々からもご賛同をいただき、大きな御声援をいただきました。ありがとうございました。

Tags: ,

街頭演説@新潟市万代

Posted by hsaitoh on 4月 28, 2012
活動報告 / 1 Comment

本日(平成24年4月28日)は、サンフランシスコ講和条約(昭和27年)発効後60年目に当たる、「主権回復の日」です。

そこで、自民党青年部・青年局では、各地で一斉街頭演説を開催しました。わが新潟県連青年局も新潟市万代で、午後3時から1時間程度、街頭演説を実施し、私もマイクを握ってきました。

県連青年局からは、公選職にある方では、以下の方が登壇しました。

     皆川 雄二    県議(魚沼市・北魚沼郡)(青年局長)

     冨樫 一成    県議(胎内市)(青年局長代理)

            塩谷 寿雄    南魚沼市議(青年部長)

     林 茂男      南魚沼市議

 美濃 欣之(よしゆき) 新潟市議(中央区)

          名古屋 豊       三条市議

            本田 秀人    阿賀野市議

また、私以外の選挙区支部長では、1区・石崎徹支部長、4区・金子恵美支部長もマイクを握りました。

主権回復の日の街頭演説とあって、それぞれから日本の主権維持、そして憲法改正などに関する演説を行いました。

私からは、10分程度お時間をいただき、大要以下を主張させていただきました。

1 若者の政治参加

(1)わが国は、主権回復から60年。60年と言えば、構造物でも建築物でも大修繕が必要になる時期。

(2)現在、わが国は少子高齢化、赤字財政、景気低迷など多くの課題を抱え、大修繕が必要。

(3)その大修繕にあたるべきは、これから何十年もこの国に住み続ける若者。ここに集まった青年政治家とその卵たちに、ぜひ国と新潟の大修繕をお任せいただきたい。

(4)そして若い世代には、投票に参加していただきたい。特に国民全体としては衆院選の投票率は高いが、若者の投票率が低い。

2 領土と国民の保護

(1)領土と国民は、主権と並ぶ国家の三大構成要素。領土保全、国民保護を強く意識しなければならない。

(2)尖閣諸島、竹島、北方領土で、憂うべき事態が発生している。

(3)寸土をおろそかにする国家は、ついには全土を失う。ましてや離島は、領海、排他的経済水域の基点であり、国益の根幹である。

(4)国民保護も同じ。拉致問題を一刻も早く全面解決すべき。

3 憲法改正と自衛隊

(1)憲法改正により、自民党は自衛隊の法的地位を明確にする方針。

(2)また、現行憲法下では、集団的自衛権は、有してはいるが行使しない、という解釈がなされているが、この解釈を変更し、集団的自衛権の行使を認めるべき。

(3)これらは、戦争をするためでは決してない。体制を整備することによって、他国に侮られず、国際紛争に巻き込まれないための方策である。

(4)新潟3区には新発田に第30普通科連隊が駐屯している。同連隊は東日本大震災、そしてその後の災害に出動し大変な苦労をされている。自衛隊の法的地位の明確化は必要。

4 国土保全

(1)昨年は新潟県も災害続きで、新潟・福島豪雨でも大変な被害が出た。

(2)新潟・福島豪雨では、上流の棚田が保水効果を発揮することにより、被害のさらなる拡大を防いだ。もし中山間地域の農林業が放棄されていれば、被害はより大きくなった。

(3)災害防止、景観保全など、農林水産業には、単なる産業を超えた固有の価値がある。

(4)農林水産業が健在であり続けるようにすることは、平時の領土保全、国土保全に他ならない。農林水産業振興に全力をあげる。 

5 地方対策

(1)東京よりも新潟市、新潟市よりも県内の周辺地域に行くほど、不景気、就職難は深刻。地方から公共事業など実効性ある景気対策を実施し、景気回復に努めたい。

(2)県内の周辺地域の景気が良くなれば、周辺地域の人が買い物に出てくるから、新潟市の景気が良くなる、新潟市の景気が良くなれば、東京の、そして日本の景気が良くなる。

(3)特に新潟県は、少子高齢化、就職難など、いわば「課題先進地域」。ここの問題を解決できれば、全国、そして世界に通用するモデルを提案できるはず。

つたない演説ではありましたが、好天の土曜の午後とあって人も多く、皆さん耳を傾けていただき、ありがとうございました。

そして驚いたのが、手を振って下さる方、声をかけて下さる方の多いこと。わざわざ「俺は3区だよ」と声をかけて下さった方もいらっしゃいました。ありがとうございました。

自民党が下野した衆院選のときとは雰囲気がまったく違う、と当時も街頭に立った方から伺いました。

県民の皆様から自民党にいただく期待に、大変な責任と重圧を感じます。その期待を裏切ることのないよう、そして本日訴えた内容を国政で実現することができるよう、明日からまた頑張って参ります。 

Tags: , , , ,