地域政党

自民党全議員・選挙区支部長懇談会に出席しました。

Posted by hsaitoh on 11月 30, 2011
活動報告 / No Comments

東京・永田町の党本部で開催された自由民主党全議員・選挙区支部長懇談会に参加しました。

TPP、消費税増税への対応、国会対応など様々な話題が出ましたが、大阪府知事選及び同市長選のW選の直後でしたので、特に大阪府選出の国会議員及び大阪府の支部長から、「大阪維新の会」の掲げる大阪都構想や、維新の会への今後の対応についての問題提起がありました。

維新の会がW選で圧倒的勝利を納めた背景には、地元経済の閉塞感を打破して欲しいという府民の願いがあります。大阪都構想自体についての賛否はともかく、「大阪を日本の第二の首都にする」「二重行政を廃し、既得権益を打破する」などの単純明快で力強いメッセージが、有権者の共感を得たと考えられます。

先の政権交代選挙で民主党に大勝をもたらしたものも、変化を求める有権者の気持ちと、「コンクリートから人へ」に代表される民主党の主張が一定の支持を受けたからでした。

また、自民党がかつて郵政解散で圧倒的勝利を納めたのも、小泉元首相の「郵政改革、是か非か」という単純だが力強い争点設定が、有権者の支持を得たためでした。

このことを踏まえれば、自民党が次の衆議院選挙に勝つためには、閉塞感を打破する単純だが力強いメッセージを掲げる必要があると考えます。それは、TPPでも消費税増税でもなく、「内需拡大によるデフレ脱却、円高対策」に他ならないと私は考えます。

また、橋下前府知事が府民の支持を得たのは、自らが府知事の職を辞して市長選挙に立候補したことも理由に挙げられます。思えば、小泉元首相の「自民党をぶっこわす」とのフレーズも、覚悟のほどを示したものとして有権者の支持を得ました。とすれば自民党は、次の衆議院選挙において、議員定数削減などの自ら身を削るとの明確なメッセージを発信することで、有権者の理解を得、着実に実行していくことが必要と考えます。

(なお私個人は、郵政改革はマイナス面が大きかったと考えており、郵政公社の民営化などの一部については、今からでも見直すべきとの立場ですが、それはまた別稿で論じます。)

Tags: ,