2012.04.16 祭りとまつりごと

4月15日は、春の平林(私の地元です。)の祭り(保呂羽大権現祭)と村上市長選挙・市議会議員選挙の投開票日が重なりました。

平林の祭りは上杉景勝公のころの平林城城主、色部長真公が仙北一揆(太閤検地に反対して起きた現在の山形県の一揆)を鎮圧するために遠征したおり、現地の保呂羽大権現を勧請して平林に神社を開き、一族の菩提寺、千眼寺の守護神としたことを記念したもので、例年4月15日に行われています。

…という歴史的経緯のうんちくならいくらでも語れるのですが、ずっと東京に出ていたものですから、神輿担ぎはいたって下手くそで、先輩後輩・同級生にフォローしてもらって、どうにか担ぐことができました。この場を借りてお礼を申し上げます。

担ぎ手は、平林集落の若手だけでは足りませんので、近くは村上市村上地区、同荒川地区、胎内市、遠くは新潟、上越、山形県米沢、群馬県沼田に至るまで、各地の神輿会の皆さんに応援に来ていただきました。ありがとうございました。

こうした祭礼を通じた交流は貴重な機会であり、また昔、人の移動が現在よりも困難だったころから、人の交流は祭礼の重要な役割であったろうと思います。応援に来ていただいた方々とも話して、各地区の祭りにも招いていただけることになりました。ありがとうございます。楽しみにしております。

 

 

 

 

 

祭りのあとは、祭り装束のままで、大差で2期目の当選を決めた大滝平正市長の村上事務所で万歳三唱に参加して参りました。

各地区各地区で、伝統の担い手である若手に、地域のために働く余力、とくに経済的基盤が確保されるような政治の実現を私は目指したいと思いますし、大滝市長にもぜひそのような市政を実現していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

(こども神輿の担ぎ手である、小学校1年生から6年生までの子どもたち。我々のころから比べると、集落の小学生の総数は3分の1くらいに減っていますが、神輿だけでなく、地元や日本の担い手になっていく子どもたちですので、健康で勉強も遊びも頑張って欲しいと思います。)

Posted by hsaitoh on 2012年 04月 16日
活動報告

Tags: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。