2012.01.24 ある動物の足跡

挨拶回りの途中で見つけた、ある動物の足跡です。

何の動物かといいますと、雉(キジ)です。普段は痕跡を見つけるのは難しいですが、雪が積もるとこのように活発に活動しているのが分かります。

「桃太郎」や「長柄の人柱」(「雉も鳴かずば撃たれまい」の出典)の昔話にも登場するように、もともと雉は人里近くで暮らす鳥なので、このように集落内の農地に巣を作ることが多いです。

雉は、周知のとおり「桃太郎」の説話では情報収集を担当しており(注)、地域の声を聞く挨拶回りの途中でその足跡を見つけたことに、何やら符合を感じたのでご紹介する次第です。

ちなみにこの画像の場所は、「桃太郎」の成立時期とされる室町時代の行政区分で言いますと、皇室領であった加地荘(かじのしょう)、現在の新発田市加治川地区です。

中世、阿賀北・五泉地域は現在の村上市荒川地区が国衙領(こくがりょう。いわゆる政府直轄地)となっていたほかは、荘園が大半を占めており、「荘園の世界」となっていました。

(注)この理由により、雉は防衛省情報本部のシンボルマークに採用されています。

http://www.mod.go.jp/dih/symbol.html

Posted by hsaitoh on 2012年 01月 24日
活動報告

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。