2011.12.29 自由民主党津川支部総会に出席しました。

12月28日(金)、自由民主党津川支部(支部長:沢野 修 新潟県議会議員)総会に中原八一参議院議員、塚田一郎参議院議員宮秘書とともに出席し、挨拶をしてまいりました。

総会では、現状分析や津川地区における今後の活動方針などが話し合われ、3月の東日本大震災、7月末の新潟・福島豪雨と立て続けに災害に見舞われた津川地区の復興状況や今後の政策課題なども議論されました。

津川地区でも、平成21年夏の政権交代選挙で大敗後減少していた党員数が回復傾向にあります。この国難のなかで再び自民党に寄せられている期待の大きさに身が引き締まり、各地区の支部の日常活動の努力には頭が下がる思いです。

また個人的には、総会前の雑談のなかでの、

「今年様々な災害に見舞われた東蒲(とうかん。東蒲原郡阿賀町を指す。)で、年始挨拶で明けましておめでとうと言っていいものか迷う。」

という発言に対して、

「東日本大震災からの復興は原発対応をはじめとしてまだまだこれからだが、阿賀町は町を挙げた努力により、豪雨災害の被害からは立ち直りつつある。また1年頑張ろうという気持ちを込めて、明けましておめでとうと言っても良いのではないか。」

というやりとりが印象的でした。私も正月に阿賀町に来る際には、そのような気持ちを込めて年賀のあいさつをしたいと思います。

総会後津川に宿泊して朝食もいただいて参りました。観光施設、特に宿泊施設などはほぼ完全に復旧しており、旅館は年越しの宿泊客で一杯でした。

冬にお越しになったことのない方は是非冬の阿賀町にも、そして阿賀町にお越しになったことのない方は冬でも夏でもぜひ、観光でお越しください(阿賀町の特色ある気候風土については、日を改めてまた御紹介したいと思います。)。

Posted by hsaitoh on 2011年 12月 29日
活動報告

Tags: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。