2012.10.02 澤野県議県政報告会と桑原悠先生御講演

阿賀町津川で開催された澤野修県議(五泉市・東蒲原郡選挙区。4期)の県政報告会に出席しました。

澤野県議には、自民党新潟県3区支部では事務局長を務めていただき、新人支部長のつたない支部運営を支えていただいています(いつもご迷惑をおかけします。)。

また、県議会では、監査委員から議事運営委員長に転じられ、引き続き御多忙のスケジュールの合間をぬっての地元での県政報告となりました。

県政報告に続き、東大大学院在学中に、町議選に当時25歳で出馬・当選され、全国的に著名な新潟県中魚沼郡津南町(つなんまち)議会議員、桑原悠(くわはらはるか)先生より「若者の政治参加でまちをより良く」と題する講演を行っていただきました。

講演では、戦後の経済成長の果実を各層に分配するモデルが頭打ちになったことにより、政治に対する無力感が若者に広がっていること、政治参加により、地域をより良くできるという実感を持ってもらうことによって、若者の政治参加を促すことの重要性が述べられました。

まちづくりに向けた会場の意識も、かつて津川町長時代に、観光行事「狐の嫁入り行列」を始められた澤野県議の県政報告とあって極めて高く、津南町で開催される「大地の芸術祭」への取組などに関連して、活発な質疑応答が行われました。

(なお桑原先生ご自身は、自民党に所属しておられる訳ではありませんので、念のため申し添えておきます。)

Posted by hsaitoh on 2012年 10月 02日
活動報告

Tags: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。