2012.09.05 ゲートボール大会

第28回ゲートボール愛好者親善大会(新発田市ゲートボール愛好者会主催)に出席し、挨拶(画像1枚目)と始球式(2枚目)を行いました。

ゲートボールは、体力の差よりも技術と経験がものをいうこと、比較的短時間で勝負がつくこと、広い面積を要しないことなどから、県北でも盛んに行われています。

といっても、簡単なスポーツではなく、10秒ルール(打順を宣告されてから10秒以内にボールをショットしないと打つ権利を失う)など難しいルールもあり、集中力や戦略性はかなり要求されます。また、ゲートボールのチームは通常地域単位で構成されますので、地域の一体感醸成にも役立ちます。

昨今では若い人の参加も増えていて、本大会でも、高校生プレーヤーが何人かおりました。野球もサッカー(フットサル)も場所も時間も用具もそれなりに必要としますので、ゲートボールのアマチュアスポーツとしての重要性は、今後ますます高まっていくと考えます。

Posted by hsaitoh on 2012年 09月 05日
活動報告

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。