Monthly Archives: 11月 2012

ねじれ国会と衆議院解散

Posted by hsaitoh on 11月 19, 2012
活動報告 / 2 Comments

衆議院が解散になりました。

いよいよ解散・総選挙です。

ここ数年のねじれ国会は、「決められない、進まない」国会の原因として批判されてきました。

しかし、どの政党にも全幅の信頼はおかない(おけない)、という意識をストレートに反映できていたという意味では、ねじれ国会は近年の民意を正確に反映できていたと私は思っています。

そもそも、憲法が衆議院議員の任期を4年、参議院議員の任期を6年(半数改選のため、選挙は3年ごと)と定めた限りは、わが国政治制度は、衆参で多数党が異なり、国政が容易に前に進まない、という事態を想定していたものというべきです

そして憲法は、国政が前に進まなくなった場合の解決策も制度上用意しています。

それが、解散・総選挙です。

野田総理については、色々と申し上げたいところもありますが、憲法が想定したとおりの経路を踏み、解散総選挙を選択したことについては、一定の評価をされるべきものと思います。

あとは、それぞれの選挙区で、候補者が政見を競い、有権者の審判を仰ぐだけです。私も、3区の諸先輩、仲間とともに、全力で頑張ります

Tags: , ,

安倍総裁をお招きして(新潟県連パーティ)

Posted by hsaitoh on 11月 12, 2012
活動報告 / 3 Comments

安倍総裁をお招きして、自民党新潟県連のパーティを新潟市内のホテルで開催しました。

(画像左より、3区斎藤、4区金子めぐみ支部長、安倍総裁、5区長島忠美衆院議員、6区髙鳥修一支部長)

「政権交代(再交代?)前夜」という雰囲気もあり在京の方々も含めてマスコミの取材も多く、盛況のうちに執り行うことができました。

私も含めて関係者からパーティ券をご購入いただきご出席いただきました方々、ありがとうございました。改めて、御礼申し上げる次第です。

安倍総裁からは「特例公債法を人質に取る意思も必要もない。野田政権が、民主党が、どれだけ誠実さを持ち合わせているか、あるいは持ち合わせていないのか、わが党は見守る。」というご挨拶があり、満場の賛同を得ました。

また、第一部の講演では、株式会社時事通信社の田崎 史郎 解説委員長から、新潟3区も自民党が優勢とも取れるようなご発言もありましたが、私は新人ですので、情勢がそれほど甘いはずはなく、改めて3区関係者と油断せず政治活動に取り組んでいくことを再確認しました。

Tags: ,

集会~ミニ集会~座談会

Posted by hsaitoh on 11月 06, 2012
活動報告 / 1 Comment

さまざまな規模の集会に参加させていただいています。

自民党は、かつて有権者の支持を失い政権から離れました。また民主党も政権交代の風で政権を担ったものの、政権運営に失敗し、当時の自民党以上に国民の失望を買っています。いわゆる「既成政党離れ」です。

そこで、ニ度裏切られた思いの有権者の方々の投票意識が、大きく変わっていることを感じます。それは、「政党ではなく、候補者個人の人柄や政策をみて、良く吟味した上で判断する。」という意識です。

ありがたいことに、多くの皆様から声をかけていただき、講演会・集会(20人程度以上)、ミニ集会(20~10人程度)、座談会(10人程度以下)にお招きいただき、所信を述べ、また意見交換させていただいています。

「会には呼ぶが、まだ支持するとは決めていない。話を聞いて判断する。」という会合に出席する前向きの緊張感は心地良く(サラリーマン時代を思い出します。)、また意見交換を通じて私が知識を深めることができるので、いつも喜んで出席させていただいています。

今後もお声掛けお願いします。

Tags: