Monthly Archives: 4月 2012

街頭演説@新潟市万代

Posted by hsaitoh on 4月 28, 2012
活動報告 / 1 Comment

本日(平成24年4月28日)は、サンフランシスコ講和条約(昭和27年)発効後60年目に当たる、「主権回復の日」です。

そこで、自民党青年部・青年局では、各地で一斉街頭演説を開催しました。わが新潟県連青年局も新潟市万代で、午後3時から1時間程度、街頭演説を実施し、私もマイクを握ってきました。

県連青年局からは、公選職にある方では、以下の方が登壇しました。

     皆川 雄二    県議(魚沼市・北魚沼郡)(青年局長)

     冨樫 一成    県議(胎内市)(青年局長代理)

            塩谷 寿雄    南魚沼市議(青年部長)

     林 茂男      南魚沼市議

 美濃 欣之(よしゆき) 新潟市議(中央区)

          名古屋 豊       三条市議

            本田 秀人    阿賀野市議

また、私以外の選挙区支部長では、1区・石崎徹支部長、4区・金子恵美支部長もマイクを握りました。

主権回復の日の街頭演説とあって、それぞれから日本の主権維持、そして憲法改正などに関する演説を行いました。

私からは、10分程度お時間をいただき、大要以下を主張させていただきました。

1 若者の政治参加

(1)わが国は、主権回復から60年。60年と言えば、構造物でも建築物でも大修繕が必要になる時期。

(2)現在、わが国は少子高齢化、赤字財政、景気低迷など多くの課題を抱え、大修繕が必要。

(3)その大修繕にあたるべきは、これから何十年もこの国に住み続ける若者。ここに集まった青年政治家とその卵たちに、ぜひ国と新潟の大修繕をお任せいただきたい。

(4)そして若い世代には、投票に参加していただきたい。特に国民全体としては衆院選の投票率は高いが、若者の投票率が低い。

2 領土と国民の保護

(1)領土と国民は、主権と並ぶ国家の三大構成要素。領土保全、国民保護を強く意識しなければならない。

(2)尖閣諸島、竹島、北方領土で、憂うべき事態が発生している。

(3)寸土をおろそかにする国家は、ついには全土を失う。ましてや離島は、領海、排他的経済水域の基点であり、国益の根幹である。

(4)国民保護も同じ。拉致問題を一刻も早く全面解決すべき。

3 憲法改正と自衛隊

(1)憲法改正により、自民党は自衛隊の法的地位を明確にする方針。

(2)また、現行憲法下では、集団的自衛権は、有してはいるが行使しない、という解釈がなされているが、この解釈を変更し、集団的自衛権の行使を認めるべき。

(3)これらは、戦争をするためでは決してない。体制を整備することによって、他国に侮られず、国際紛争に巻き込まれないための方策である。

(4)新潟3区には新発田に第30普通科連隊が駐屯している。同連隊は東日本大震災、そしてその後の災害に出動し大変な苦労をされている。自衛隊の法的地位の明確化は必要。

4 国土保全

(1)昨年は新潟県も災害続きで、新潟・福島豪雨でも大変な被害が出た。

(2)新潟・福島豪雨では、上流の棚田が保水効果を発揮することにより、被害のさらなる拡大を防いだ。もし中山間地域の農林業が放棄されていれば、被害はより大きくなった。

(3)災害防止、景観保全など、農林水産業には、単なる産業を超えた固有の価値がある。

(4)農林水産業が健在であり続けるようにすることは、平時の領土保全、国土保全に他ならない。農林水産業振興に全力をあげる。 

5 地方対策

(1)東京よりも新潟市、新潟市よりも県内の周辺地域に行くほど、不景気、就職難は深刻。地方から公共事業など実効性ある景気対策を実施し、景気回復に努めたい。

(2)県内の周辺地域の景気が良くなれば、周辺地域の人が買い物に出てくるから、新潟市の景気が良くなる、新潟市の景気が良くなれば、東京の、そして日本の景気が良くなる。

(3)特に新潟県は、少子高齢化、就職難など、いわば「課題先進地域」。ここの問題を解決できれば、全国、そして世界に通用するモデルを提案できるはず。

つたない演説ではありましたが、好天の土曜の午後とあって人も多く、皆さん耳を傾けていただき、ありがとうございました。

そして驚いたのが、手を振って下さる方、声をかけて下さる方の多いこと。わざわざ「俺は3区だよ」と声をかけて下さった方もいらっしゃいました。ありがとうございました。

自民党が下野した衆院選のときとは雰囲気がまったく違う、と当時も街頭に立った方から伺いました。

県民の皆様から自民党にいただく期待に、大変な責任と重圧を感じます。その期待を裏切ることのないよう、そして本日訴えた内容を国政で実現することができるよう、明日からまた頑張って参ります。 

Tags: , , , ,

おわび

Posted by hsaitoh on 4月 28, 2012
活動報告 / No Comments

前回更新から10日間程度間が空きましたので、何人かの方にご心配をいただきました。大変申し訳ありません。

(ありがたいことに)この1週間程度、地元や東京で昼も夜も多くの予定が入りましたため、ほとんど事務所や自宅に立ち寄らず、更新をする時間がありませんでした。

またいっしょうけんめい更新をしてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Tags:

2閣僚問責

Posted by hsaitoh on 4月 18, 2012
活動報告 / No Comments

田中防衛大臣、前田国土交通大臣に対する問責決議案を、本日18日夕刻、自由民主党、みんなの党、新党改革の3党で参議院に対して共同提出したとの報道がありました。

田中防衛大臣は就任以来露呈しつづけている資質不足の問題と、特に北朝鮮の弾道ミサイル発射実験において、官房長官が一元的に公表を行うという政府方針に反する対応をしたこと、前田国土交通大臣は、4月15日(日)に投開票が行われた下呂市長選挙で、市の建設業協会と観光業協会の代表者宛て、選挙への協力を要請する大臣名の文書に署名して送付させた ことが 理由です。

本日、これらに関する国会質疑の様子が放送されたこともあり、行き会った何人もの方に早くこれら大臣を交代させろという激励の声をいただきました。

これは偽らざる国民の声と思います。

田中防衛大臣は、本県選出国会議員であり、3区にも支援者・後援者が大勢おられますが、防衛大臣就任以来、かばう声にはほとんど接しません。

また前田大臣の件も、現職の大臣が、所管業界に対して直接的に選挙運動を取られる行為をしていた訳ですから、問責に値する重大な問題だと思います。

野田総理大臣は、両大臣の問題を認めつつも、続投させる意向を繰り返し表明しています。20日(金)に行われるであろう採決で可決された後は、国会審議がストップする可能性があります。

いずれが国民の支持を受けるかは、間もなく明らかになることと思います。

政治空白を作ることが、一般的に国政上マイナスであることは事実ですが、ときとして空白を作ってでもなお、やるべきことがあることは事実であり、今回の2閣僚問責は、まさにそれに該当すると考えます。

もしこれでもなお、「問責は適当でない」という指摘があるなら、自民党はじめ野党各党は、胸を張ってなぜ問責が必要なのか、堂々と説明すべきです。

本日もこれから、会合に出席をしてまいりますが、2閣僚の問責の趣旨、続投させることの不利益を説明して、理解を得るよう努めてまいります。

Tags:

祭りとまつりごと

Posted by hsaitoh on 4月 16, 2012
活動報告 / No Comments

4月15日は、春の平林(私の地元です。)の祭り(保呂羽大権現祭)と村上市長選挙・市議会議員選挙の投開票日が重なりました。

平林の祭りは上杉景勝公のころの平林城城主、色部長真公が仙北一揆(太閤検地に反対して起きた現在の山形県の一揆)を鎮圧するために遠征したおり、現地の保呂羽大権現を勧請して平林に神社を開き、一族の菩提寺、千眼寺の守護神としたことを記念したもので、例年4月15日に行われています。

…という歴史的経緯のうんちくならいくらでも語れるのですが、ずっと東京に出ていたものですから、神輿担ぎはいたって下手くそで、先輩後輩・同級生にフォローしてもらって、どうにか担ぐことができました。この場を借りてお礼を申し上げます。

担ぎ手は、平林集落の若手だけでは足りませんので、近くは村上市村上地区、同荒川地区、胎内市、遠くは新潟、上越、山形県米沢、群馬県沼田に至るまで、各地の神輿会の皆さんに応援に来ていただきました。ありがとうございました。

こうした祭礼を通じた交流は貴重な機会であり、また昔、人の移動が現在よりも困難だったころから、人の交流は祭礼の重要な役割であったろうと思います。応援に来ていただいた方々とも話して、各地区の祭りにも招いていただけることになりました。ありがとうございます。楽しみにしております。

 

 

 

 

 

祭りのあとは、祭り装束のままで、大差で2期目の当選を決めた大滝平正市長の村上事務所で万歳三唱に参加して参りました。

各地区各地区で、伝統の担い手である若手に、地域のために働く余力、とくに経済的基盤が確保されるような政治の実現を私は目指したいと思いますし、大滝市長にもぜひそのような市政を実現していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

(こども神輿の担ぎ手である、小学校1年生から6年生までの子どもたち。我々のころから比べると、集落の小学生の総数は3分の1くらいに減っていますが、神輿だけでなく、地元や日本の担い手になっていく子どもたちですので、健康で勉強も遊びも頑張って欲しいと思います。)

Tags: , ,

遅い春と危機管理

Posted by hsaitoh on 4月 14, 2012
活動報告 / 1 Comment

あいさつ回りの合間に、支持者宅でお茶とお芋をごちそうになりながら、今年の遅い春の影響について状況を伺ってきました(ごちそうさまでした。)。

平地(ひらち)でも1週間程度、中山間地域ではそれ以上、田植えを遅らせざるを得ないのではないかとのことでした。

北朝鮮のミサイル発射時の情報の遅れも話題になりました。

誤報防止のため、情報の精査にこだわったとのことですが、「良い情報は遅くとも正確に」「悪い情報は誤報でも良いからすぐ伝える」の基本を大事にすべき場面であったと思います。

内閣官房と防衛省の対応の齟齬(事前の手はずと、実際の発表の順序が違った)も気になるところです。

日本国民の生命・身体や財産が継続的に脅かされる、本格的な有事でない場面で問題が明らかになかったことを奇貨として、政府内の危機対応体制を見直しておく必要があります。

Tags: ,