Monthly Archives: 1月 2012

議事録未作成問題

Posted by hsaitoh on 1月 31, 2012
活動報告 / 1 Comment

民主党政権が原発対応事故対応に関係する各種会議など重要な会議の議事録を作成していなかった、いわゆる議事録未作成問題について、所見を述べます。

まず第一に、意思決定のプロセスを記録に残していないことは、国民共有の財産となり得た事故対応の記録を意図的に廃棄したことと同値であり、極めて重大な問題です。

政権与党の政策決定には、常に意味があります。成功した場合はもちろんですが、失敗した場合においても、なぜ間違ったのか、どうしてその選択ではいけなかったのかを検証することによって、より良い政治を実施することができるためです。

しかし、政策決定のプロセスが明らかにされない場合、そのような検証により政治の質を高めることができなくなり、失敗は隠ぺいされ、その失敗の教訓は生かされないこととなります。

私は、これだけの失政を重ねてなお、今回の政権交代には一定の意義はあったと考えています。

すなわち、「ムダ削減による財源ねん出」が不可能だったこと、当初政治主導を標ぼうした政権が、個々の政治家の技量の問題や、そして官僚に代わって政権を支えるスタッフがいなかったことなどにより、官僚に取り込まれていったこと、何よりも、震災対応、原発事故対応において多くの誤りを犯したことなどは、この危機の時代に貴重な時間と資源と引き換えに国民が得た政治的経験として、後世に残すべきです。

しかし議事録がなくては、政策決定が行われた経緯が分からない以上、その政治的経験は単なる浪費に終わって蓄積されることができません。

第二に、社会一般の常識からしても、私の職務経験からしても、官僚が自主的判断により、十を超える重要会議の議事録を、公文書管理法に違反し、作成しないということはあり得ません。

なぜなら会議終了後官僚はその意思決定の趣旨を踏まえながら動く必要がありますし、法の明文の規定に反して議事録を作成しないなどというサボタージュをするということは官僚の行動原理からしてありないからです。役人は、新人時代からメモ取り業務に従事して、それらのことを徹底されます。

とすれば、自らの責任を負いたくない民主党の政治家からの何らかの指示又は示唆により、議事録は作成されなかった可能性が高いと考えられます。

これまでの民主党の行動パターンからすれば、「事務方が議事録を作成しなかった。監督不行き届きで申し訳ない。」という言い逃れをすると考えれられます(既にそのような趣旨の発言をしている閣僚が複数います。)。

鳩山内閣において、原口一博氏が総務大臣として国会審議に遅刻を繰り返した際、事務方に不手際があったとして、国会対応を担当する総務省の官房総務課長はじめ職員数名を異例の時期に異動させておいて、「通常の人事異動」と強弁したことがありました。

責任を事務方に被せ、なおかつ更迭したことを認めないことによって、二重に責任逃れをするありさまを見て、多くの官僚、そして国民が、民主党の限界を悟った瞬間であったと思っています。

議事録未作成問題は、当然国会の場で追及されるべきことですが、このようになってはならないという教訓として、自民党はじめ民主党以外の各政党が深く銘記すべき事件であると思います。

Tags:

関川村斎藤洋明後援会発足式

Posted by hsaitoh on 1月 27, 2012
活動報告 / No Comments

関川村にて、有志の方にお集まりいただき、関川村の斎藤洋明後援会の発足式を開催していただきました。

会長には、自民党関川村支部の幹部であり、そして中条高校の先輩という御縁で、伝信男村議会議員にお引き受けいただきました。

式には、小野峯生県議会議員(村上市・岩船郡)、冨樫一成県議会議員(胎内市)にも御出席いただき、新潟県自民党としての活動状況や、来る総選挙に向けての心構えなどについてコメントをいただきました。

皆様から、地元出身者として、地に足のついた政治家を目指してほしい、地元の個々の問題点について、自分が目標とする国のあり方との関係性を明らかにしたうえで、どのように解決を目指すのかなど、長期的なビジョンを示せる政治家になってほしい、などの要望をいただきました。

私からは、公募で選ばれた支部長として、皆様の御厚情に一方的に甘えることなく、政策などの形で具体的成果を出すことで負託に応えていく、プロフェッショナルとして活動できるよう頑張りたい旨挨拶させていただきました。

今後、順次、各地区にて後援会を立ち上げ、自民党の組織と両輪で活動できるよう、体制整備に注力したいと思います。

さて、関川村は、山形県置賜地方と接し、総面積の9割近くを山林原野が占める県北の奥座敷ですが、昭和42年の羽越大水害や同38年の三八(さんぱち)豪雪で大きな被害を被った地域です。

そして、国産材の価格低落などによる山林の疲弊や、集落の過疎化・高齢化により地域の担い手がいなくなり、国や地方の財政状況が悪化しているなど、災害が相次いだ昭和40年前後に比べて、状況が悪化している面もあります。

村と県の努力だけでは足りない面は、国政のサポートが必要不可欠です(例えば、関川村の山林の7割以上が国有林です。)。また、関川村の耕作面積の割合は5%ですが、その5%が、荒川流域全体の土壌流出防止や保水力の維持などの環境保全に、大きな力を発揮しています。

関川村の抱える政策課題は、新潟3区、ひいては日本全体に共通する課題でもあるという認識のもと、後援会、自民党関川村支部とも連携しながら、解決に向け努力していきたいと思います。

Tags: ,

ある動物の足跡

Posted by hsaitoh on 1月 24, 2012
活動報告 / No Comments

挨拶回りの途中で見つけた、ある動物の足跡です。

何の動物かといいますと、雉(キジ)です。普段は痕跡を見つけるのは難しいですが、雪が積もるとこのように活発に活動しているのが分かります。

「桃太郎」や「長柄の人柱」(「雉も鳴かずば撃たれまい」の出典)の昔話にも登場するように、もともと雉は人里近くで暮らす鳥なので、このように集落内の農地に巣を作ることが多いです。

雉は、周知のとおり「桃太郎」の説話では情報収集を担当しており(注)、地域の声を聞く挨拶回りの途中でその足跡を見つけたことに、何やら符合を感じたのでご紹介する次第です。

ちなみにこの画像の場所は、「桃太郎」の成立時期とされる室町時代の行政区分で言いますと、皇室領であった加地荘(かじのしょう)、現在の新発田市加治川地区です。

中世、阿賀北・五泉地域は現在の村上市荒川地区が国衙領(こくがりょう。いわゆる政府直轄地)となっていたほかは、荘園が大半を占めており、「荘園の世界」となっていました。

(注)この理由により、雉は防衛省情報本部のシンボルマークに採用されています。

http://www.mod.go.jp/dih/symbol.html

Tags: , , ,

小林重平議員の市政報告会に出席しました。

Posted by hsaitoh on 1月 23, 2012
活動報告 / No Comments

村上市・小林重平市議会議員の市政報告会に出席しました。

支援者が多数出席した会合において、小林議員からは、市議会での取り組み状況や合併後の市政の現状と改善すべき点、今後の活動方針などが報告されました。

また私も、ほぼ地元ですので見知った方々ばかりではありましたが、改めて挨拶させていただき、現在の活動状況や、消費増税、TPPなどの政策課題に関する認識と提言などについて話させていただきました。

そのあとの討議の時間も含め、私から繰り返し訴えましたのは、

・現状をいっぺんに解決できる政党も政治家も政治手法も存在しないこと

・それゆえ政策の実行手順、例えば景気対策と財政再建のどちらが優先なのか、が重要になること

・現在の政治経済の行きづまりには、政権政党であり続けた自民党の責任も間違いなくあり、その経験と教訓を活かす必要があること

などです。

概ね賛同をいただき、TPP、消費税、財政再建、景気対策、エネルギー政策など各論についても、それぞれのお立場からのご意見をいただき、私からも考えるところを述べさせていただきました。

また、小林市議の地元である村上市荒川地区の海側は、海岸砂丘から内陸は海抜が低く、高地をもたない平坦な地形が続きますので、東日本大震災を踏まえた災害対策の必要性について多くの意見をいただきました。

小林市議に限らず、各市町村の自民党または無所属保守系の議員の市政報告会には、お声をかけていただいた場合都合のつく限り出席させていただいておりますが、一例としてここにご紹介する次第です。

地方自治は民主主義の学校といわれます。もっとも有権者との距離が近い市町村議会議員の方々と様々に連携していくことによって、地に足のついた政策論を展開し、実現していけるよう努力して参ります。

Tags: ,

日本に戦車は必要か?(答)必要です。理由は…

Posted by hsaitoh on 1月 19, 2012
活動報告 / No Comments

新潟県第三選挙区は、新発田駐屯地があり、また五泉市村松地区も戦前は軍都として栄え、土地がら北朝鮮拉致問題への意識も高く、防衛問題について関心の強い地域です。

そこで、陸上自衛隊が新型戦車(一〇式戦車)の配備を開始したとのニュースに接しましたので、「なぜ島国の日本に戦車が必要なのか?」という良く問われるテーマに見解をお示ししたいと思います。

まず兵器を調達する際、(特にわが国のような専守防衛国家では)「それを使って自国が何をするか」よりも、「それを使っていかに他国に何かをさせないか」が重要になってきます。

その観点からいけば、島国日本が戦車を配備するメリットは明らかです。

戦車という重装備を国内に配備することによって、他国がわが国に着上陸することへのハードルを極めて高く上げることができるのです。

わが国の戦車に、他国の軍隊が対抗するには、その国も自国から戦車を輸送する必要がありますが、戦車は一般に重量が40トン以上もあります。

そして、わが国は「防衛大綱」(安全保障会議・閣議決定)により戦車を400輌保有することになっていますので、これと同数の戦車を他国がわが国に着上陸させようとする場合(第一波で全てを運ぶ訳ではないにしろ)、戦車だけでも1万6,000トンの輸送能力を確保するため、平時から多数の艦船を維持し訓練を積む必要があります。

そして、わが国の航空自衛隊の戦闘機や海上自衛隊の艦船の防衛行動下で、戦車及びその支援部隊を着上陸させることの困難を考えれば、わが国が戦車を持つことによって、他国からの本格的な侵攻を防ぐことができる、と評価することができます。

戦車では潜入工作員などによるゲリラ戦に対応できないではないか、とする指摘に対しては、わが国は戦車を配備することによって、他国の正規の軍隊の侵攻を防ぐことができ、そのときはじめて国内のゲリラへの対応に専念する余裕が生じうるのだ、と回答したいと思います。

Tags: